3Dデータの読み込み

3Dデータの読み込み

SigmaNESTでCADデータを読み込む際に、一般的には2次元のDXFやDWGファイルを扱う事になりますが、今回のブログではサードパーティーの3次元データの読み込みについてお話します。

サードパーティーの3次元データには以下のようなものがあります:

・SolidWorks
・SolidEdge
・Creo
・Inventor
・CATIA
・NX
・SpaceClaim
・TopSolid
・OnShape
・Rhino
・DSTV
上記は一例ですが、これら以外にも3次元データはまだまだあります。

SigmaNESTに3Dデータを取り込む場合、これまでのSigmaNESTでは3Dデータの読み込みモジュール(CAD Import Direct)を追加した上で、3DデータをSigmaNESTに取り込んでいました。

このモジュールには次の制限事項があります:

・3Dデータを取り込むPCに、読み込みする3D CADがインストールされている必要がある
・3D CADのフォーマットごとにモジュールが必要である

つまり、SolidWorksとAutodesk Inventorの2種類の3DデータをSigmaNESTに読み込みたい場合、同じPCにSolidWorksとInventorがインストールされていてかつ、SolidWorks読み込み用のモジュールとAutodesk Inventor読み込み用のモジュールの2つが必要になります。

これらの制限を解決するために、全く新しいテクノロジーの開発に成功しました。

それが

          CAD Import Plus

です。

今回紹介するSigmaNESTのCAD Import Plusモジュールでは、PCに3D CADのインストールも必要なく、異なるフォーマットの3D CADデータ(SolidWorks, Autodesk Inventorなど)の読み込みも、単一のモジュールで処理する事が出来ます。
既存のCAD Import DirectとCAD Import Plusの違いは下記になります:

[CAD Import Plus]

・SigmaNESTのPCに3D CADのインストールとライセンスは不要です
 (例:SigmaNESTのPCにSolidWorksのインストールとSolidWorksはライセンスは不要です)
・読み込み時の処理がCAD Import Directに比べて高速です
 (バックグラウンドで3Dを起動させたりする処理がないため既存の処理に比べて高速です)
・単一のモジュールで複数の3D CAD読み込みに対応しています
 (例:SolidWorksとAutodesk Inventor)
・今後のバージョンアップで、現在未対応の3D CADにも対応していく予定です
 (現在対応している3D CAD:SolidWorks, Inventor, SolidEdge, Creo, NX, CATIA)

[CAD Import Direct]

・SigmaNESTのPCに3D CADのインストールとライセンスが必要になります
 (例:SigmaNESTのPCにSolidWorksのインストールとSolidWorksはライセンスが必要になります)
・各々3D CADに対してモジュールが必要になります
 (例:SolidWorksとAutodesk Inventorの読み込みが必要な場合は、2つのモジュールが必要になります)

読み込み速度の違いについては以下の動画で確認する事が出来ます:
[CAD Import Plus]
[CAD Import Direct]

上記動画でご確認いただいた通り、読み込み速度の違いについては、圧倒的にCAD Import Plusが勝っています。

CAD Import Plusについては、今後のバージョンアップでどんどん改良を重ね、加えて現在未対応の3D CADフォーマットにも順次対応していく予定です。

CAD Import Plusについての詳細については、こちらからお問い合わせいただくか、弊社サポートセンター(045-315-6914, [email protected])までお問い合わせ下さい!

シグマネスト

お問合わせ・無料相談

SigmaNESTに関するお問合わせはこちら