生産性向上の鍵を握る5M's

導入事例

現場目線の使える自動ネスティング

従来の自動ネスティングでは、高歩留まりが期待できないため、一つ一つの部品を手動操作でネスティングする必要がありました。SigmaNESTでは、最先端のネスティングアルゴリズムを採用することにより、自動ネスティングで高歩留まりを実現します。SigmaNESTの自動ネストを利用することで年間の材料費を5%以上削減することが可能です。

リードタイムの短縮

読込み変換時の不要線の削除、データ欠損、部品情報入力などの データ修正のムダな時間を短縮し、ストレスを軽減します。 また、最も短縮効果が高いのは、ネスティングの作業です。一度SigmaNESTの自動ネスティングを体験してみてください。

工数短縮

機械稼働率を上げるための上級機能

切断効率を考慮した切断経路を自動作成します。切断方法や部品の切断形状に応じて異なる速度調整、コーナー処理などにも対応することが可能です。 一筆書き加工によるノズル寿命の延長や、共通切断による切断時間の短縮・歩留まり率の向上も実現します。 また、ノロ上も加工できるようにピアスゾーンを考慮した自動加減速や、難度の高い開先対応など、あらゆる側面で切断効率の最適化を実現することができます

基幹システムとの連係

受注・販売管理、MRP・ERP、生産計画、製品データ管理(PDM)などの管理システムと統合し、 双方向のデータ通信ですべての情報を連係し効率化することができます。 SQLのデータベースを持ったCADCAMシステム「SigmaNEST」をフロントに、 SQLデータベースの受け皿となる「SimTrans」を中心にして、 各管理システムとリアルタイムかつシームレスに連係することが可能です。

ひとつのソフトであらゆる機械の稼働を可能に

ひとつのソフトでレーザー、プラズマ、ガス、タレパン、ウォータージェットなど、すべての切断機を動かすことができます。