Manpower icon W

Manpower (人的負担の削減)

高速処理と自動化を活用することでリードタイムを1/2に短縮します。

SigmaNEST導入による リードタイム短縮効果


超短納期対応や多品種少量生産などニーズの多様化・細分化や、ファイバーレーザーの導入によるプログラム出力の高速化など、これまで以上に工数短縮やリードタイム短縮が会社の利益に直結するようになったと思います。とはいえ、リードタイムの短縮にはこれまでやってきた製造工程や機械配置の変更だけでなく、営業から事務・設計・生産部門にいたるまで会社全体の業務フローの見直しなどかなり大掛かりで手間がかかります。
SigmaNESTではプログラム作成工数を最大1/9まで短縮することを可能にします。

リードタイムをここまで大幅に短縮できる理由とは?

  • DXF読込(5分)+DXF修正(20分)+部品作成・属性追加(15分) 合計40分の作業時間を5分

    シグマネストでは、複数のDXFファイルを同時に読み込むことが可能です。 またDXF読み込み時に、形状の自動修正、テキストを利用した自動属性付加機能を使うことで、作業工数の大幅に削減できます

  • 材質/板厚のグルーピング5分の作業時間を1分

    シグマネストでは、材質、板厚ごとで自動的にタスクを振り分けます。人の目で部品を振り分ける必要がないため、工数削減だけでなくミスもゼロに。

  • ネスティング 作業時間30分を2分

    従来の自動ネスティングでは、高歩留まりが期待出来ないため、ひとつひとつの部品を手動操作でネスティングする必要がありました。 シグマネストでは、最先端のネスティングアルゴリズムを採用することにより、自動ネスティングの高歩留まりを実現します。

  • 切断経路作成 10分を1分

    シグマネストは共通切断、一筆書き切断、連続切断にも対応した経路を自動で作成することができます。

  • 帳票作成 5分の作業時間を1分

    シグマネストでは、ボタンひとつでNC出力が行えます。またバーコード表示やネスティング図の表示など、お客様でもカスタマイズ可能なレポート機能も備えています。 今までエクセルで作成していた帳票が、ボタンを押すだけで作成されます。