Motion icon W

レーザー切断用ソフトウェア

多くのジョブショップでレーザー加工機を設備されています。レーザー切断機には主に Co2レーザーとファイバーレーザーがありますが、 昨今、ファイバーレーザーの利用がますます拡大しています。従来の加工機に比べ、より速く、より美しい切断品質を保ち、メンテナンス作業量も少なくなっています。 コスト面で、イニシャルコストはCo2と比べファイバーは1.5倍ほどかかりますが、ランニングコストは電気代が70%前後、ガス代は約20%削減できます。

ファイバーレーザーは、加工速度が速く、薄板切断ではCo2の5-6倍程度の速さです。 ピアッシングは、Co2で3-5秒かかっていたものが、ファイバーでは1-2秒に短縮されます。加工速度が圧倒的に早いため、段取り替えやプログラム作成の方法がCo2と異なります。機械稼働率を上げるためにもプログラム作成を大幅に効率化する必要があります。最先端のレーザー切断ソフトウェア、SigmaNESTを利用することで、機械の稼働コストを抑制し、ネスティングの歩留まりを向上することができます。

SigmaNESTのレーザー用自動ネスティング機能

自動ネスティング

短時間で高歩留まりのネスティングを実現します。

従来の自動ネストでは、高歩留まりが期待できないため、手動でのネスティングが常識でした。SigmaNESTでは、最先端のネスティングアルゴリズムを開発することにより、自動ネスティングで後部染まりを実現します。シグマネストを利用することにより、年間の材料費を5%以上削減することが可能です。

また、自動ネスティングを利用することにより工数を大幅に短縮します。プログラム作成工数を短縮することにより、特にファイバーレーザーでのプログラム待ちをなくし、機械稼働率を向上します。

グループネスティング

従来の自動ネスティングでは、片付けを考慮することができませんでした。SigmaNESTのカラーネスティングを利用することで、片付けを考慮した自動ネスティングを実現します。納期・取引先・次工程などのグループを利用し、グループごとの自動ネスティングを実行します。グループ内で高歩留まりの自動ネスティングを行うため、片付けの効率化と高歩留まりの両方を実現します。

端材管理

SigmaNESTには材料管理の機能があります。材料リストはSQLのデータベースを利用しているため、検索は瞬時です。プログラムを作成すると同時に端材を材料リストに登録されます。次回のネスティングの際に端材を有効利用することができます。

ネスティングの際に、材料リストに登録されている同じ材質・板厚の中で最も歩留まりのより、新材や端材を自動的に選択する機能があります。従来人が考えていた材料選択を自動で行います。これにより、工数短縮と歩留まり向上を実現します。

ベストシート機能

材料在庫の中から、材質、板厚が一致するものを探し出し、最も歩留りの良い材料を自動的に検出します。 残材を有効利用し、材料費用を削減します。

SigmaNESTのレーザー用上級経路機能

高度な跳ね上がり干渉回避機能

跳ね上がり部品を回避するために入射位置を自動的に移動し、次の部品へのアプローチを最適化します。切り終わった部品を越えなければならない場合に部品を回避して経路を作成、または、Z方向に回避して干渉の無い経路を作成します。これにより、機械停止を無くし稼働率を向上させるとともに、安心した夜間運転を実現します。

機械表示と自動ジョイント

定盤のサンを認識し、跳ね上がりの危険性のある部品や下に落ちてしまう可能性のある部品に自動でタブ付けをします。これにより、機械干渉の回避と片づけ工数を削減し、リードタイムの短縮を実現します。

共通切断 ノズル干渉防止機能

ノズル干渉を防ぐために、跳ね上がり部品の回避を考慮した共通切断の経路を作成します。 これにより、加工時間を短縮し、機械稼働率を向上させます。